勉強する科目から運用する言葉へ

 

当校ではどのようなレッスンでも、これが勉強であるという意識を植え付けることは一切しません。
なぜなら、そもそも英語とは勉強する科目ではなく、実際に使う言葉だからです。
どれだけテストでいい点を取っても、資格を取っても、運用できるようにならなければ全く意味がないのです。

しかしどうでしょうか?学校の教科書を見ても、全く興味の持てない文章を読まされ、ひたすら練習問題を解く・・・これでは実際に運用できる能力が培われることはありませんね。

そんな中英語教育の改革が議論がされ、運用能力の向上が大きな柱になりそうですが、これもどうでしょうか?そもそも学校の先生は英会話の先生ではありません。今まで英語を日本語で教えていたのを今度は「英語で」教えろと言われるわけですから、現場は大混乱でしょう。しかしそんな中に子供たちは否応なしに放り込まれるのです。

講師である私の使命は、
英語を勉強というカテゴリーから外し、
楽しんで学び、使うことを楽しむ
好きという気持ちをどんどん大きくし、決してとめない
ということだと考えております。


当校のレッスンは大変ありがたいことに受講者全員から
「楽しい」「時間があっという間に過ぎる」「もっと来たい」
という感想をいただいております。
教師交代という余計なストレスを排除し、
一人の教師が責任を持って長く担当するシステムも
生徒の性格、興味や関心、これまでの成長をよくわかっている教師であれば
「好きになってもらう」ために今どんなアプローチが必要かがより明確にわかるからです。

どんな事でも、好きになってもらうことがマスターへの一番の近道です。
そのための努力を私は一切怠りません。